• akira nagai

一つの悩みに、一つのサイト

最終更新: 2019年10月17日


「一つの悩みに、一つのサイト」

今や一つの企業がたくさんのWEBサイトを持つことが当たり前になってきました。

専門性を押し出すことで、ユーザーも迷うことなく情報を得ることができるため悪いことではないですよね。

例えば、リフォーム屋さんのホームページ…

これはもうホームページがあるのが当たり前で、マメに更新をしていてもなかなか成果を出すことが難しくなっています。

「ぜんぜん、問合せなんて来たことないよ!」

なんて声もよく聞きますね。

では、ホームページなんてもうだめなの??

とんでもない!

むしろネットが全てと言っても過言じゃない時代に突入しています。

リフォームしなきゃという人が真っ先に情報を得ようと思うものが、老若男女スマホなどモバイルを含めたネットです。

若者だけのものではなくなっています。

費用対効果の面から考えても、新聞チラシやポスティング、雑誌掲載などと比べても、断トツに安価で集客することができます。

では、そんなネットの世界で勝っているリフォーム会社は、どんな事しているのか!

実はそんな突拍子もない魔法みたいな事は何もないんです!

もちろん一つではなく、いくつもの要素が積み重なって問合せを得ることができているのですが…東京・大阪で700サイト以上の実績があるマックスパートナーだからわかる「成功している会社に共通する秘訣」があります!

まず、ネットを片手間(おまけ)と考えるか、本業(店舗)と考えるか!

もし自社の一店舗だとすれば、何日も留守にして、ほったらかしにしてるなんて言う事はあり得ませんよね!

シャッターが閉まってるくらいなら店舗が無い方がましです。

訪れたお客様には廃業したと思われます。

ところがネットの場合、そんな状態にしている会社やお店がたくさんあります。。。

ブログが1っか月以上更新されていないなんて当たり前です。

そしてもう一つ成功している要素としては、最初に書いた通り悩みに特化していること!

「モノを売る」のではなく「コトを解決する」に焦点を当てているという事が言えます。

単に会社のホームページだけではなく、

例えば、「水まわり専門館」とか「屋根屋さん」とか「ペイントショップ」とか「マンション専門店」などなど、別サイト(別ブランド)をつくってしまう戦略です。

飲食店やアパレルショップでは、ごく当たり前に行われている、ブランド化が、建築業界やその他の業種でも増えています。

塗装しようと思っているお客様は、「リフォーム 地域名」などと検索して→お店のページに入ってから→塗装のページを探す…なんて時代は終わりました!

アマゾンや楽天を思い出してください!

アマゾンのトップページを検索して→そこに入ってから商品ページを検索するなんて、ほとんどしなくなりましたよね!

「商品名」を検索すれば、すぐに商品のページが結果として表示されます。

検索で表示されるような専門性があれば、自ずと決まった割合で訪問され決まった割合で問い合わせには結びつきます。

他にも重要な要素は何点かありますが、まずはこの2点だけでも、本業という気持ちで改善してみることで、間違いなく成果は出ます。

ホームページの制作をお考えの方へ

優良制作会社の比較や一括資料・見積り請求が簡単に行えます!


お問い合わせはこちら



#デザイン #札幌 #北海道 #広告 #ホームページ #チラシ #リフォーム #比較

9回の閲覧

Tel: 0120-970-810  |  Email: info@webstyle-d.com |  Privacy policy

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle