• akira nagai

注目を集めるコピーを作るには?

最終更新: 2019年10月17日


バナー広告などの「WEB広告」によってお客様の獲得数や集客数は、1.5倍〜2倍と劇的に変化するケースがあります。

デザインを他の会社に頼むのもいいかもしれませんが、

自社で作った広告も愛着が湧いて、問い合わせが来たなんて嬉しさも倍に感じるかと思います。

では、「売上を増やすために新しくバナー広告を作ろう!」と考えたときに、

「でも、実際にどんなバナー広告を作れば成果が上がるの?」と感じる方も多いのではないでしょうか。

例えば、バナー広告はサイズは様々ですが、そこまで大きなものではなく、デザインに最低限必要な要素を含むシンプルで分かりやすいものが求められてきます。

決められた大きさで、注目を集めるキャッチコピーとデザインが必要なのです!

■宣伝するコピーを決める

まずは広告を作る前に「要素」集めが必要です。

前述でもある通り、バナーはユーザーがパッと見て一瞬で意味を理解できるよう、当事者意識を持ってもらうことが大切です。

つまり、バナー広告はその商品(サービス)から得られるメリットを端的に伝える、ということが必須となってきます。

それにはまず注目を集めるコピーを作成してみましょう。

先日、社内研修の記事(「自己満足になってませんか?伝わる文章の書き方」)で教わった、キャッチコピー作成の5つのパターンをご紹介します。

1.ターゲットに直接呼びかける

「WEB集客でお悩みの方へ」

「文章がうまく書けない」と感じている方へ

など、ターゲットが今必要としているものをストレートに呼びかける方法です。

もちろん、ターゲットの悩みにヒットすれば、ターゲットは興味を持ち、集客につながります。

2.疑問系を使う

まさか、OSをアップデートしないままパソコンを使っていませんか?

どうしてホームページは必要なのか?

など、こちらはターゲットに問いかける方法です。

ターゲットの好奇心に問いかけ、続きが気になったり結果を知りたくなりますよね。

3.お客様(ユーザー)の感想をそのまま使う

この一本で肌荒れがなくなりました!

使用して1週間、効果が実感できました!

こちらは食品の広告や、英会話教室などによく見られますね。

いわゆる、口コミ効果です。キャッチコピーの中では特に説得力があります。

4.数値、数字を使用する

100万部達成!注目の一冊!

累計200万人達成!

数値などで目に見えて結果がわかると、ユーザーの感想を使用するパターンと同じく、説得力があります。

映画や書籍の他に、旅館や博物館などでも使用されているキャッチコピーです。

5.不安や恐怖にアプローチする

あなたが事故にあったら、家族はどうなるのでしょうか?

今から賢く運用しないと、大変なことになるかもしれません…

通称、フィア・アピール(恐怖アピール)と言います。最近よく見られるものとして、生命保険や、薬、資金運用などの記事などに活用されています。

恐怖や不安を煽るので、使い方にコツが少し必要ですが、インパクトではダントツです。

いかがだったでしょうか。

コピーには、他にも表現方法がありますが、以上のパターンを押さえておくだけでも作成がかなり楽になるかと思います。

広告用のコピーはもちろん、ブログなどの読み物ページの見出しにも応用できます。

どうぞ、どんどん役立ててみてくださいね。

ホームページの制作をお考えの方へ

優良制作会社の比較や一括資料・見積り請求が簡単に行えます!



お問い合わせはこちら




#デザイン #札幌 #北海道 #SEO #WEBデザイン #ホームページ制作 #経営 #モバイルサイト #広告費 #DM #チラシ #リフォーム #ブログ #ドラッカー #マネジメント #ビジョン #広告 #文章力 #ライティング #SEO対策

Tel: 0120-970-810  |  Email: info@webstyle-d.com |  Privacy policy

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle