• akira nagai

目にとまる広告画像とは?

最終更新: 2019年10月17日


前回は、キャッチコピーについて、お話しました。

今回は、バナー広告についての第2弾!

広告を見るときに一番先に目に入る、全体、画像についてのお話です。

前回お話した通り、大きさの限られているバナー広告には一瞬で何を伝えたいかが、大事だとお話しましたが、写真でも同じことが言えます。

おいしそうな食品、きれいな風景や、きれいなモデルさんの写真を使用したい気持ちは大切ですが、その写真は本当に一目見てなんの広告かがわかるようになっていますか?

例えば、冬服のセール告知の為、バナー広告を出そうと考えています。

下の人物の画像を使う際、半袖姿長袖姿の写真、あなたはどちらを使用しますか?

…言うまでもありません、長袖姿ですよね。

上記は、極端な例ですが、このように、使用する画像をしっかり考えないと、誰も広告を見てくれません。

せっかく素敵なコピーが決まっても、その内容に合わない写真やイラストを使用してしまうと、何を言いたいか理解できません。

画像選びは慎重に、目的に合ったものを探しましょう!

さて、コピーと画像の必要な要素がそろいました。

明日はその「要素」の配置について考えてみましょう!

ホームページの制作をお考えの方へ

優良制作会社の比較や一括資料・見積り請求が簡単に行えます!



お問い合わせはこちら

60回の閲覧

Tel: 0120-970-810  |  Email: info@webstyle-d.com |  Privacy policy

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle