• akira nagai

広告バナーをサクッと作る!5つのポイント

最終更新: 2019年10月17日


バナー広告のデザインについて第3弾!

バナー広告デザインに関しては、今回が最後です。

前回までは「キャッチコピー」、「画像集め」の要素集めでした。

今回は、実際にどのように「要素」を配置すると見やすいか、実践してみましょう。

1.とにかく集めたコピーなどの文章を並べる

広告に使いたい文章、画像や写真が集まったら、まず先に、用意した文章をすべて並べてしまいましょう!

こんな感じで、何も考えずに並べてしまって大丈夫です。

見直してみて、文章に違和感があれば順番を並び替えてみましょう。

2.画像を配置する

文章とのバランスを考えて選んだ画像を配置します。

フォトショップなどの画像加工ソフトがある場合は、色調補正や、人物の切り抜きなど、

細かいところが後から目立ってしまうので、あらかじめ面倒くさがらずにこの時点で加工をしておきましょう。

3.レイアウトを選ぶ

効果的に見せるレイアウトは、複数ありますが、今回は代表的なレイアウトをひとつだけ。

画面を2つに分ける時は、半分より1/3やそれ以上にしてみてください。

宣伝したい文章は1のスペースへ、会社情報などは2のスペースにまとめると、メリハリがつき、すっきりと見やすくなります

4.モノクロで制作する

レイアウトを選んだら、まずはカラーではなく白黒で要素を配置していきましょう。

白黒の状態で文字が見づらいと、 カラーで見づらいということになります。

また、写真などの色によって、デザインを決めてしまうので、もう一度やり直したり…なんてことを防ぐためにもあります。

5.完成!

白黒の状態から文字が見やすい色やサイズを調節して完成です!

「Photoshopみたいな画像加工ソフトがない!」という方もいらっしゃると思いますが、Photoshopのような機能があるツールもたくさんあります。

最近はオンラインでも写真の加工、編集まで行えるツールもあるようです!

これを機に、お金をかけずにバナー広告のデザインを作成してみましょう!

ホームページの制作をお考えの方へ

優良制作会社の比較や一括資料・見積り請求が簡単に行えます!



お問い合わせはこちら



#デザイン #札幌 #北海道 #SEO #WEBデザイン #ホームページ制作 #経営 #モバイルサイト #広告費 #DM #チラシ #ブログ #広告 #バナー

33回の閲覧

Tel: 0120-970-810  |  Email: info@webstyle-d.com |  Privacy policy

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle