• akira nagai

アメリカからWEB制作会社が消える?

最終更新: 2019年10月17日


今日、打合せ中でアメリカのWEB制作会社の話になりました。

海外サイトのトレンドも取り入れて、なんて話から…

「アメリカってやっぱり、すごいホームページ制作会社がたくさんあるんでしょうね!!」

そう思いますか??

実はアメリカでは、ホームページ制作、WEB制作サービスのみをやっている会社というのは、ほとんど無くなっているんです。

「え! アメリカってもうホームページは流行ってないんですか??」

結論から言えば、

その反対!

経営においてWEBサイトなどインターネットの重要性がどんどん高まり、

ホームページやSNSを、企業が本業でやっているということです!

WEB事業部、WEBマーケティング部を社内に設け、外注することの方が稀になっているのです。

サイトやブログの更新・新鮮なニュース配信で経営の全てが決まるとすれば、

そんな大事な事を社外に丸投げするなんてあり得ませんよね?!

皆さんは時代に合わせて、ネットの事を「本業」と捉えられていますか??

例えば、もしこんな状況だったら、今すぐ意識改革が必要です!

・事務員さんが片手間でブログをやっている…

・暇になって気が向いた時に、たまにホームページを見る…

・掲載している情報は数年前から変わっていない

名刺代わりにHPを作ってもらっただけ…

・本業が忙しいから業者に任せっきり

・ログインするパスワードを忘れてしまった

・フェイスブックやツイッターみたいなお遊びは好きじゃない

・そもそもインターネットに頼るつもりはない

携帯電話が出初めの頃に「携帯なんて必要ない!」って言ってた感じですね!笑

これはどんな業種でも当てはまる事ですが、WEBサイトは仕事の一環と捉えるべきです。

自分が好きか嫌いか得意か苦手かなんて、これも大切な仕事と考えれば何とかなります!

まだ間に合いますよ。

スマホが当たり前になって、まだわずか4~5年ですから!

ホームページの制作をお考えの方へ

優良制作会社の比較や一括資料・見積り請求が簡単に行えます!



お問い合わせはこちら



#デザイン #札幌 #北海道 #SEO #WEBデザイン #ホームページ制作 #経営 #モバイルサイト #広告費 #DM #ブログ #助成金 #アメリカのWEB #キャリア形成

83回の閲覧

Tel: 0120-970-810  |  Email: info@webstyle-d.com |  Privacy policy

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle