• akira nagai

ウェブサイトは「制作」?「作成」?

最終更新: 2019年10月17日


「制作」と「作成」の違いってなんだ?

本日、社内でそんな話にちょっとだけなりました。

WEB業界の人間はよく「サイト制作」という単語を使うのですが、

「制作」「製作」「作成」「作製」…

日本語には似た名前が多い!本当にややこしい!!

と、いうことで「制作」「作成」がどう違うか調べてみました。

  • 制作:絵画・彫刻品など芸術作品などを作ること

  • 製作:道具・機械・物品など主に実用的なものを作ること

  • 作成:文書・計画などを作り上げること

  • 作製:物品・図面・機械などを作り上げること

…なるほど。

ちなみに著作権法では映画やテレビ番組などの場合、創作活動としてのプロデュース行為を指すときは「制作」、完成するまでの全体の行為を指すときは「製作」を用いている。とのこと。

本当にややこしいですね…。

つまり、よく使われている「制作」、これは「芸術作品」となるんですね。

………ん?

サイトは「芸術品」なんでしょうか?

クリエーターさんなどが作品を紹介するために作ったサイトであれば「制作」かもしれません。

でも、企業サイトって商品やブランドを売りたい!集客したい!!

そんな気持ちでつくるサイトは「実用的で商品(ブランド)を売るために計画されたもの」です!

そうなると、サイトって「製作」「作成」じゃないか…!!

これからは、名刺代わりの綺麗なサイト制作より、

自社の集客やお客様が利用しやすい実用的なサイトを計画する

サイト製作・作成が重要です!

私自身も「制作」をよく使っていましたが、これからは、お客様に愛されるようなサイト作りをしていきたいと思います。

ホームページの制作をお考えの方へ

優良制作会社の比較や一括資料・見積り請求が簡単に行えます!



お問い合わせはこちら



#デザイン #札幌 #北海道 #SEO #WEBデザイン #ホームページ制作 #経営 #モバイルサイト #広告費 #DM #ブログ #助成金 #アメリカのWEB #キャリア形成

6回の閲覧

Tel: 0120-970-810  |  Email: info@webstyle-d.com |  Privacy policy

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle