• akira nagai

検索方法は十人十色!

最終更新: 2019年10月17日


以前、GoogleやYahooなどで検索した際に、なるべく検索結果の上位に出てくるようにする、

SEO対策(検索エンジン最適化)のお話をしました。

過去記事:「WEBサイトを有効活用するには?」(別タブで開きます)

会社のホームページを見てもらうペルソナ、つまり自社のターゲットになりうる、最も代表的な人間像を設定したのち、次に考えることといえば、「検索キーワード」についてです。

ターゲットはどのようなキーワードで検索してくれるか、どのような悩みで探そうとしているか、が重要です。

検索キーワードは世界中のユーザーそれぞれ、十人十色なんです!

例えば、ペルソナが以下のような方だと設定します。

  • 30代女性

  • 主婦

  • 夫と子供(4歳・女の子)の3人暮らし

  • 車は1台、夫の仕事用

  • 家を半年前に購入して、引っ越してきたばかり。清田区に住むのは初めて

  • 札幌市清田区美しが丘 在住

このターゲットの子供が熱を出したとします。

あなたがこの女性の立場で病院を探すのであれば、どのような検索をするのでしょうか?

「病院」

これだけでは検索範囲が広すぎて、あまり検索しませんよね。

できれば、

「病院 清田区 小児科」

このような検索がまず、好ましいかと思います。

さらに、引っ越してきたばかりで清田区の地理に詳しくない場合、

「病院 小児科 美しが丘」「美しが丘 小児科 おすすめ」

地域名がより詳しく入ったキーワードや、「おすすめ」など口コミを見てから病院を決めるつもりで具体的な検索されることが考えられます。

「病院」のように、検索回数が多いと、容易に推測できるキーワード(ビッグキーワード)よりも、検索回数が少なく、具体的でニーズを持ったターゲットを拾えるキーワード(スモールキーワード)によるアクセス数がより多くのターゲットがアクセスしやすいのです!

そのためには、「ビックキーワード」だけで検索結果上位のサイトだ、と自信を持っては意味がありません。

トップページ以外のアクセス案内や、サービス紹介など、他のページでも具体的なスモールキーワードで検索に引っかかるワードを考えて作成しないと意味がないのです。

今日からできるSEO対策です。サイト運営者の方は是非この点を考えてみてはいかがでしょうか。

当社ではSEO対策ができているか、無料診断も行っております。

お問い合わせに対するご回答のみですので、営業電話・メールなどは一切ありません。

是非お気軽にお問合せください(^ ^)

ホームページの制作をお考えの方へ

優良制作会社の比較や一括資料・見積り請求が簡単に行えます!


お問い合わせはこちら



#デザイン #札幌 #北海道 #SEO #WEBデザイン #ホームページ制作 #経営 #モバイルサイト #広告費 #DM #ブログ #助成金 #アメリカのWEB #キャリア形成

7回の閲覧

Tel: 0120-970-810  |  Email: info@webstyle-d.com |  Privacy policy

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle