• akira nagai

今春からサイトのトレンドを知る!その3

最終更新: 2019年10月17日


本日もウェブサイトの流行を見ていきましょう!

前回までの記事は以下からご覧いただけます!

今回も動きが面白いパララックスというデザインです。

立体感や奥行きを出すパララックス

パララックスとは、「視差効果」のことで、WEBデザインではスクロールなどの動作にあわせて、

複数の層がにある要素を違うスピードで動かすことで「立体感や奥行き」を演出したり、

拡大縮小などの視覚的エフェクトを演出するデザインを指します。

数年前からこのパララックスを使用しているホームページもありますが、

ページが重たいなどのデメリットもありつつも、人気があるデザインです。

パララックスを取り入れたWEBサイト

平面画面で立体を感じる、不思議な体験ができるウェブサイトをいくつかご紹介します。

■Nikon 1 AW1

http://shop.nikon-image.com/nikon1/nikon1aw1/

カメラが様々なシチュエーションでも撮影できることを、ストーリーテリングを用いて作成されています。

カメラが動くたび、雪山や森などの効果が付くようになっていて、パララックスが使われているのがわかります。

■TOKYO BASE

http://www.tokyobase.co.jp/

画像に影を付けて、立体感を出しています。

スクロールすると、コンテンツごとのタイトルが

一番下にうっすらと浮き上がるのも奥行きを感じさせます。

■まとめ

パララックスは視覚的効果の為、

ストーリーテリングなどを同時に利用して表現するとより効果的かと思います。

ピンポイントに商品を浮き上がらせたりなど、商品を効果的にアピールすることが可能です。

ただ、表示できるブラウザ(chrome、firefox、IEなど)が限られてきたりなど、

表示できるブラウザの限界や、ホームページ表示の読み込みが遅くなってしまったりなど、注意が必要です。

他のライバル企業と差をつけたいとお考えの方は、是非ご検討してみてはいかがでしょうか!

ホームページの制作をお考えの方へ

優良制作会社の比較や一括資料・見積り請求が簡単に行えます!



お問い合わせはこちら



#札幌 #北海道 #ブログ #キャリア形成 #スマホ #ホームページ作成 #Googleマップ

242回の閲覧

Tel: 0120-970-810  |  Email: info@webstyle-d.com |  Privacy policy

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle