オンデマンド印刷


オン デマンド っていう言葉を聞いたことありますか?

意味を調べると、

▶需要に応じて、または必要になった時だけ行うこと。

なるほど! テレビで見たい映画だけ買って観る。 なんていうのを一番にイメージしました。

ただ今日のお題は、 「オンデマンド 印刷」のことです。

最近はDIYというか、社内で名刺を印刷したり、ハガキを印刷したり、チラシまで作っちゃうって事ありますよね!

でもレーザー複合機やインクジェットのプリンターでは、なんだか印刷屋さんと仕上がりが違うんだよね…

もちろんプロの印刷屋さんは、凄ーい機械で印刷してるので違って当たり前…なんですが、このデジタル次世代でなんでそんなに違い出るの??

そもそも普通のレーザープリンター複合機とプロのオンデマンド機ってどう違うんでしょう??

実は意味だけで言うと複合機もオンデマンド(必要な分だけ)だから同じなんです。

印刷は大きく分けるとオンデマンド印刷とオフセット印刷にわかれ複合機もこのオンデマンド印刷の中に入りますよね。

この両者の違いは「インク」です。 オンデマンド印刷は、レーザープリンタを大型化したものなので、「粉トナー」。 オフセット印刷では「液体インク」です。

仕上がりで比べると、 オンデマンド印刷は、熱などで定着させるため、印刷がテカり紙に「乗った」感じに。 オフセット印刷の場合は、液体インクなので、インクが紙に浸透し「馴染んだ」仕上がりになります。

少し話がちょっと逸れましたが、 今回お題となるオンデマンド印刷機というのは複合機ではなく、所謂印刷に特化したハイレベルなプリンターのことで、DTP向けプロダクションプリンターの事です。

具体的には、販促用のチラシ、リーフレットやポスター、名刺、DM、会社案内、クリアーファイルなど小ロットを印刷するためのものですが、普通のレーザー複合機と比べて、印刷のズレなどもなく高画質で印刷することができます。

こんなの印刷屋じゃないと意味ないと思ってたんですが、安価な機械も出てきており、社内の印刷物を全て自分で印刷すればかなりのコスト削減が可能になります。

更に自作できる環境にあれば、何種類ものDMを印刷したり、極端に言えばお客様ごとに内容を変えて印刷することさえ可能になります! 業者に外注したのではさすがにそうはいきませんよね。

プロの印刷屋さんと同じPOD(プリントオンデマンド)をそのまま社内で可能にするプロダクションプリンター!

ぜひお一ついかがでしょうか?

ホームページの制作をお考えの方へ

優良制作会社の比較や一括資料・見積り請求が簡単に行えます!


お問い合わせはこちら



#デザイン #オンデマンド #プリント #札幌 #北海道 #広告 #ホームページ #パンフレット #チラシ

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Tel: 0120-970-810  |  Email: info@webstyle-d.com |  Privacy policy

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle