SEOにも色がある?!


検索エンジン最適化(SEO)対策について、いくつかお話してきましたが、そのSEOにも種類があることをご存知でしょうか?

実はSEOにはブラックハットSEOホワイトハットSEOに分類されます。

ブラックハットSEOとは、おそらく「ブラック」というところで想像は付いているかと思いますが、

Googleが定める「Webマスター向けガイドライン」に反している悪質なSEO対策のことを呼びます。

逆にホワイトハットSEOとは、「Webマスター向けガイドライン」に基づいた優良なSEO対策のことを言います。

Googleの定めたガイドラインは「ユーザーの利便性を考えた検索結果」となるように制定されているものです。

つまり、ホワイトハットSEOはユーザーの利便性を考えているSEO、ブラックハットSEOはユーザーの利便性を無視した、SEOということです。

SEO対策に重要な点は以下の5つです。

  1. ページタイトルを適切にする

  2. ディスクリプションを入力する

  3. キーワード率を適切にする

  4. 優良な被リンクを増やす

  5. ページ数(インデックス数)を増やす

ブラックハットSEOは特に、有料で不自然なサイトから自身のホームページに対してリンクを張ってもらい(被リンク)、リンクが多いサイト=人気が高いサイトと判断させる、「4.優良な被リンクを増やす」部分の裏をかくような形でのSEOが行われています。

悪意がなくても、そのサイトに関連するとは考え難い被リンクなどが多い場合、

Googleの検索エンジンからペナルティを受けることになります。

最悪の場合、そのホームページは検索に一切でなくなる恐れがあります

ご自身の管理しているウェブサイトは、そのような危険なブラックハットSEO対策になってはいないでしょうか?

ご自身が管理しているサイトは、SEO対策までしっかりできるホームページになっているでしょうか?

ホームページの制作をお考えの方へ

優良制作会社の比較や一括資料・見積り請求が簡単に行えます!


お問い合わせはこちら




#デザイン #札幌 #北海道 #SEO #WEBデザイン #ホームページ制作 #経営 #モバイルサイト #広告費 #DM #ブログ #助成金 #キャリア形成 #スマホ #ホームページ作成 #UI #UX

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Tel: 0120-970-810  |  Email: info@webstyle-d.com |  Privacy policy

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle